メリットが満載の足場シートを選ぶ時の注意点

工事現場で大活躍!足場シートが持つメリットや特徴

足場シートにも様々な種類がある

足場シートには、防音・防炎・メッシュなど種類が豊富にあります。
現場によって種類を変えていきますが、解体工事には防音、大きな建物の解体現場では防炎、風の強いところではメッシュと用途に合わせて使われています。

建築現場で使用されるメッシュシート1類と2類の違い

メッシュシート単独で物が飛んでしまっても危険を防ぐ

1類はシートだけでものが物が飛んでしまっても危険を防ぐ働きがあります。
張りの強さと伸びが68.8KN以上で、重量4.8kgある足場用の鋼管が4mの高さから落ちてしまっても貫通しないという基準が定められています。

シートと金網で物が飛んでしまっても危険を防ぐ

2類はシートと金網などを一緒に使って、物が飛んでしまっても危険を防ぐ働きがあります。
張りの強さが0.59KN以上で、重量2.7kgある足場用の鋼管が3mの高さから落ちてしまっても貫通しないという基準が定められています。

メリットが満載の足場シートを選ぶ時の注意点

建設現場

足場シートの特徴について

工事や解体現場では足場シートを張っていますが、塗料やクズが近隣へ飛んでしまうことを防いだり、安全を確保するために利用します。雨や風も防ぐことができ、工事や解体時の音の大きさも小さくする防音効果にも役立てることができます。

足場シートを取り寄せる方法

足場シートを購入する方法として業者を活用する方法もありますが、おすすめの方法はインターネットを利用した方法です。
無地タイプであれば、さまざまな現場で使う道具を購入することができる事業者向けのネットストアがあります。
また生地素材やシートサイズ、デザインなど目的用途や宣伝用としても活用したい場合にはシート専門業者の利用がおすすめです。

注文する前に見積もりをしてもらおう

足場シートには生地の種類や重さ、厚み、強度など種類によってそれぞれ特徴があります。シートサイズも一般的なサイズからサイズ指定も可能です。デザインも無地からオリジナルデザインなどく、印刷方法なども選ぶことができます。業者も数多くあるため、各社から見積もりを取り寄せて比較します。

初めて業者へ注文する時に気をつけたいこと

豊富な実績と無料見積もり対応、質問などへの明確な回答など多くの業者では当たり前のように行われています。見積をとっても、注文するか迷っていても親切丁寧に疑問に答えてくれるなどの対応がない、見積をしても返信や連絡がない業者などには注意をしておきます。
色が違っていた、制作にミスがあったときの対応、注文確認の連絡など連絡を密に行ってくれる業者を選ぶようにします。
可能であれば見積もりは複数取ることがおすすめです。

広告募集中